« テロは許されない! | トップページ | 世界が変わりつつある・・・歴史の歯車が大きく回る予感 »

2007.07.28

参議院選挙の選択

まずは、自民党、公明党の与党には大敗して欲しい。
結果として、民主党が勝つのだろうが、民主党一人勝ちでは心もとない。
共産党を1議席増やして、国会の党首討論に復帰させたいものだ。
比例代表選挙では、是非、共産党に伸びてほしいと思う。

年金問題、格差、税金、政治と金などなど、どれをとっても現在の政治は転換しなければならないと思う。
それらの問題以上に考えさせられるのが、憲法改定問題だ。国の未来に関わる問題だと思う。
国民投票法が成立して、3年後には発議を目指す具体的な動きが出てこようとしている。自民党は今回の参議院選挙のマニュフェストの第一番目に掲げている。民主党はほとんど憲法には触れていないが、改憲政党であることは明らか。
今回選出される参議院議員の任期は6年。任期中に憲法改定問題に関わる可能性が大きい。そうした意味でも、今回の選挙は重大な選択だと感じる。

選挙後の国会で、党首討論がともに改憲政党の自民、民主だけにはしたくない。
共産党の参議院議員を1名増加させて党首討論へ。
出来れば2名増加させて議案提案権を得てほしいものだと思っている。

参議院選挙は全有権者が2票持っている。
比例区は全国どこにいても生きる票だ。その選択は、憲法を第一義に考えたい。

|

« テロは許されない! | トップページ | 世界が変わりつつある・・・歴史の歯車が大きく回る予感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31534/15928035

この記事へのトラックバック一覧です: 参議院選挙の選択:

» 【サンケイスポーツ】「姫の虎退治」が実現!民主・姫井氏が自民党・片山氏倒した [ダイエット食品@ダイエット食品情報館]
   ついに姫が虎を退治した。1人区最大の注目を集めた岡山で、元岡山県議で民主党新人の姫井由美子氏(48)が、4選を目指す自民党の大物、片山虎之助参院幹事長(71)を破って当選した。 姫井氏は「岡山から政治を変えたい」と笑顔を弾けさせた。一方...... [続きを読む]

受信: 2007.07.30 11:03

« テロは許されない! | トップページ | 世界が変わりつつある・・・歴史の歯車が大きく回る予感 »