« 民主主義を侵す行為 | トップページ | テロは許されない! »

2007.04.15

国民投票法案について

13日の衆議院本会議で、国民投票法案が可決されました。まだ参議院審議があるのにもかかわらず、マスコミは「今国会通過」と、成立が決まったかのように伝えています。

これでいいんだろうか?

今日、新潟県弁護士会の主催で、「憲法『改正』と国民投票法案を考える集い」が開催されるとのチラシを目にして、このところトンと何もしていない私ですが、出かけてきました。

集いは、東京第二弁護士会副会長の杉井静子弁護士の講演や、新潟県内各地で様々な取組みをしている方々の意見表明などがありました。

国の最高法規である憲法。
その憲法を改正する手続きを定める法律が、こんな内容でよいのか・・・!
改めて考え、再認識させられる集いでした。

後ほど内容を書きたいと思います。

|

« 民主主義を侵す行為 | トップページ | テロは許されない! »

コメント

はじめまして。「わたしの心のものさしで」の、はぴねすと申します。
拙文をTBさせていただきました。
国民投票法案の内容に対して、あるいは強引な議会運営に対して、おかしいと思ったら参院特別委の理事に声を届けてみませんか、という提案をさせていただきました。
お読みいただいて、趣旨にご賛同いただければ、ご都合の良い形で、理事への要請を届けていただければと願っております。

投稿: はぴねす | 2007.04.21 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31534/14684217

この記事へのトラックバック一覧です: 国民投票法案について:

» 国民投票法案:おかしいと思ったら声をあげよう! [わたしの心のものさしで]
[今、参院の憲法調査特別委員会で、国民投票法案の審議がされていますが、その特別委の委員長・理事に声を届けよう、という呼びかけです。] ひとつ前の私の記事に、「花・髪切と思考の浮遊空間」のこれお・ぷてらさんからTBを... [続きを読む]

受信: 2007.04.21 23:14

« 民主主義を侵す行為 | トップページ | テロは許されない! »