« テレビ朝日のサイトに掲載されたものの・・・ | トップページ | 改革をとめるな! と小泉さんは言っている( ..)φメモメモ »

2005.09.10

小泉劇場は、「改革(リフォーム)詐欺」選挙~

うまいことをいうもんだなぁ~と思った。友人から聞いたのだが、法政大学の五十嵐仁教授の話とのこと。
それによると、今回の総選挙は、「改革(リフォーム)詐欺」選挙。なるほど。
「このままでは大変な事になるぞ~~」と、国民を脅して、票を入れさせようとしているようなものとのことだ。 納得。
「振り込め詐欺」のようなものでもあるという。これも確かに・・・

なぜそう言うのか?
小泉氏は声高に“改革”を叫ぶ。「郵政民営化は改革の本丸」と称して。

まずは、お得意のフレーズ、「民間に出来ることは民間に」、「官から民へ」だ。しかし、郵便局は「民」に出来ないサービスを担っている。いま田舎では、協同組合であり地域にとっては公共的な側面もあるはずの農協ですら、民間金融機関との競争の渦中で、ドンドン支店・支所を統廃合して減らしているというのが現実なのです。
一方、民間資本市場には資金が大量にだぶついているので、郵政銀行、郵政保険として民営化しても、資金が「民」へ流れることはまずないと考えられるとのことだ。私も同感。
同時に「官から民へ」という時、もう一つレトリックがあると私は思う。それは小泉氏の言う「民(ミン)」とは、「国民」のミンではないということだ。何のことは無い、「民間大銀行」「民間大企業」のミンなのだ。minの響きに多くの庶民が誤解する・・・「小泉さんは私たちの味方だ」と・・・ 大いなる誤解だ。

「官から民へ」というのは、本当は「公(オオヤケ)から私(ワタクシ)へ」と言うことであり、「公共から営利へ」ということでもあるのだと思う。 minの響きにだまされてはいけない。
どこかのブログで、学校を「官から民へ」と主張し、公立小学校を私立小学校へするなどと言ったら、誰からも賛成されないだろうと書いている方がいた。同感。小泉氏の言う「官から民へ」そういう本質なのではないかと思う。

次に、郵便局の職員を特権階級のように言い(誹謗ではないかと思う)、郵政公社を民営化すれば財政再建に寄与するかのように主張している。しかし、これは真っ赤なうそということが、各党の討論会等で浮き彫りになった。
まず、郵政事業は、郵政省時代も現在の公社でも独立採算制で、職員の給与等に税金は使われていないのだ。つまり、民営化しても財政支出が減るわけではない。また、「民営化すれば法人税も納めるようになる」等という話も、後者は利益の50%を国庫に納付するという法の規定があるそうで(法人税の実効税率は40%程度)、話が違うようだ。しかも、竹中大臣が国会答弁で、「郵政公社のままなら黒字」、「民営化会社は赤字」の予測を披露したとのこと。もしそうなれば、民営化会社は法人税を全く払えないことになる。
これでは国の収入は民営化した方が減り、民営化は財政的には意味が無いということになる(あくまでも竹中説=政府の公式見解に従えば!)。
財政再建に寄与するという話は、全くの詐欺のような話だと思う。竹中説も仮定なので、実際は逆になることもあるかもしれないが、それは結果論だ。

そして、これは私も以前書いたことだが、大銀行は昔から「民業圧迫」と主張して、郵便貯金を目の敵にしてきた。私自身仕事柄、全国銀行協会の文書などを見る機会もあったので、このことは20年以上前から感じていた。小泉氏はいわゆる「大蔵族」の一人だったそうだから、そうした声に大いに押されて来たのではないかと思う。圧力もあっただろうし、懐柔もあったのかもしれない。
その後、郵貯だけでなく、簡易保険も狙われて現在に至っている。当然、郵貯、簡保の巨大マネーは外資にも狙われ、何度も民営化、規制緩和の要望書が出され、ついには日米首脳会談で親分のブッシュから直接圧力を掛けられるに至った。

結局、そうした延長線上での郵政民営化であり、「改革」とは無関係ということだ。

将にサギ。一つ一つの話は、まさに「振り込め詐欺」と同じようなもの。そして、「改革」「改革」と御本人たちが言っているのだから、「リフォーム詐欺」。うまいネーミングだと思う。

銀行のATMと同じく、明日の投票台に、「リフォーム詐欺注意」の張り紙でもして欲しいものだ。

小泉氏は非常にうまい役者だと私は思う。たいしたものだ。「役者やのう~」とほめてあげたい。
しかし、選挙と現実の政治は、見世物ではないし架空の話しでもない。ハッタリに惑わされ、社会の進むべき道を誤ってはならないと、私は思う。

明日の総選挙、全ての有権者がもっている2票。有効に使いたいものである。
間違っても、自民・公明合計で321議席(2/3超)を与えたりしてはいけない。
一般的な保守の人も想定していないような、おそろしいことが起こると危惧します。

小選挙区制は、実際の民意以上に議席を集中させる恐い面がある事を考えて、小選挙区は投票したい。小選挙区、民主、共産の支持者はこの際そのまま投票すればよいと思うが、本来無党派だが今回は小泉・自民をなんとなく良いと思っている人は、是非、投票する人を変えて欲しい。どうせ小泉氏が大勝するという予想が出ているのだから、大大勝にしすぎると危険だから、そこそこの勝ちでいいではないですか?? そうしましょっ!
比例代表は、しっかりした少数野党。自民、民主は小選挙区で議席を獲得するのだし、公明は支持団体の票がある。国会にはそうした自民・公明、民主以外の少数野党の存在も必要だと思います。

|

« テレビ朝日のサイトに掲載されたものの・・・ | トップページ | 改革をとめるな! と小泉さんは言っている( ..)φメモメモ »

コメント

コメントありがとうございました。与党の番犬に成り下がった大手メデイァの報道に毎日辟易しています。
 ちゃんとした情報を交換する市民のメデイァが必要だと感じています。
 市民がblogを活用し、世論をつくるべきであると思います。今後ともよろしくお願いします。

投稿: けんちゃん | 2005.09.10 18:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31534/5873330

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉劇場は、「改革(リフォーム)詐欺」選挙~:

» イラクの派兵延長に反対します [けんちゃんの吠えるウォッチングーどこでもコミュニティ双方向サイト]
 政府はイラクへの自衛隊の派遣をまたも延長しました。  一体何のために自衛隊はイ [続きを読む]

受信: 2005.09.10 18:51

» 自由は死んだ、万雷の拍手の中で。 [愛と革命のために]
「自由は死んだ。万雷の拍手の中で」 共和国元老院の最高議長パルパティーンが「銀河 [続きを読む]

受信: 2005.09.11 22:01

« テレビ朝日のサイトに掲載されたものの・・・ | トップページ | 改革をとめるな! と小泉さんは言っている( ..)φメモメモ »