« ◆“不戦の誓い”をするところなのか? | トップページ | ◆二度と戦争を被爆を起こしてはいけない »

2005.06.28

◆サイパン慰霊の旅

今朝の新聞に目をやると次のような見出しが目に入った。
「両陛下サイパン訪問 初の海外慰霊 遺族らと面会」

記事に目をやると冒頭
「天皇、皇后両陛下は27日午後、太平洋戦争の激戦地となった米自治領サイパンを訪問された。戦後60年の節目に実現した初の海外慰霊の旅。1泊2日の日程で、28日に島内の慰霊碑や戦跡を訪れ戦争の犠牲となった人々を国籍を問わず追悼する。」(新潟日報2005.6.28) とあった。
出勤前の忙しさに紛れ、その時は特に何も考えることはなかった。

夕方、帰宅途中、車の中でテレビの音を聞いていると、ニュースのその後が耳に入った。
その中で、日本、米国、北マリアナ自治政府の慰霊碑や「バンザイクリフ」などを訪れた他、事前の予定では公表されていなかった、沖縄出身者の慰霊碑「おきなわの塔」と、韓国人犠牲者の慰霊碑「太平洋韓国人追念平和塔」に、特に希望されて立ち寄り、拝礼したとのこと。戦火に倒れた全ての人を慰霊したいとの強い希望で行われたと聞いた。

出発に先立ち、小泉首相らの前で、「海外の地において、改めて、先の大戦によって命を失ったすべての人々を追悼し、遺族の歩んできた苦難の道をしのび、世界の平和を祈りたいと思います」と述べたとのことだ。この思いを現実のものとしたのが今日の一連の慰霊だったのではないだろうか。言葉と行動が一致していると感じた。

首相である小泉純一郎氏は、今日のニュースをどのように聞き、感じているのだろうか?
私は、小泉氏の一連の言行より遥かに健全であると感ずる。

話の内容は違うが、「日の丸・君が代」に関連して、昨年10月の米長邦雄氏への「強制でないことが望ましい」との発言も改めて思い出した。

|

« ◆“不戦の誓い”をするところなのか? | トップページ | ◆二度と戦争を被爆を起こしてはいけない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31534/4752183

この記事へのトラックバック一覧です: ◆サイパン慰霊の旅:

« ◆“不戦の誓い”をするところなのか? | トップページ | ◆二度と戦争を被爆を起こしてはいけない »