« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004.10.28

◆なぜ・・・

イラクでの人質事件。なぜ、という思いを強く持ちます。
なぜ、人質となった彼は、イラクへ行ったのか・・・
4月の人質事件に関して、私は、いわゆる「自己責任論」に対して批判的立場で、高頭さんや今井さんを擁護する観点で、この場でも意見を様々書いてきました。その考えは今でも全く変わりません。
しかし、今回人質となった青年の行動は理解できません。
もし、本当に報道されているように“自分探しの旅”の一環で、ただ個人的に様子を見たいといった軽い気持ちで、制止を振り切り、イラクへ入ったのだとしたら、あまりにも軽率すぎると思います。(真実はわかりませんが)

でも、だからといって、若い彼の命が奪われていいというわけではないと考えます。
日本人がイラクにおいて狙われるは、小泉政権がブッシュに従い、不正義の侵略戦争に賛同し、米軍の占領に自衛隊の派遣という形で協力している事、“有志連合”に加わっている事にあります。
日本政府は、救出に向けて最善を尽くすべきと思います。

今回の犯人グループは、外国人を多数拘束の上、非人道的な形で殺害を繰り返してきたグループのようです。レジスタンス的な地元の人たちではなく、外国人を中心とする過激なテロリスト集団との報道もあります。
非常に危険な状況にあることだけは明らかであると思います。
犯人グループに対しては、人質の解放を強く要求したいと思います。人質となっている青年は、報道の通りならば、ブッシュとも小泉とも何の関係の無い人間なのです。少なくとも戦争に協力した人間ではないのです。

昨日、昼食を食べたラーメン屋で耳に挟んだ会話ですが、「勝手に行ったんだから、どうなっても仕方ない」というような事を、テレビニュースを見ながら大きな声で話していた人達がいました。こうした事を評論家的に口にする事にも、私は賛成できません。

なお、「テロリストの要求に屈して自衛隊撤退」うんぬんではなく、私は元々、自衛隊のイラク派兵と、ブッシュによる侵略戦争への協力には反対ですので、この事件とは別の意味で、一刻も早い自衛隊の撤退を改めて求めたいと思います。

小泉首相は何とかの一つ覚えのような事しか言いませんが、仮にブッシュが負けてアメリカのイラク政策が転換されたらどうするつもりなのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆奇跡!!

2才の男の子がたすかった!仕事中だったが、メールが来たので、すぐインターネットで見て、驚き、そして感動。あの状況の中で、よく生き抜いてくれたと思う。
息子のようたんと同じ歳の子ということもあってか、“助かった”との報に、身体の中を熱いものが通り抜けた気がしました。
3人とも車内で生存との情報も一時流れていたので、期待していたが・・・
車内に残る女の子の救出活動が危険な状況の中、必死で続けられています。頭が下がる思いです。一刻も早い救出を願ってやみません。

私自身も地震当日3時間前に、高速道路ではありましたが、家族を乗せて震源地を通過していたので、他人事には思えません。
崩落のあった箇所は、長岡市と小千谷市の境界付近で、元は国道17号線だったのですが、崖際で危険だったためか、現在は崩落箇所を挟む形で信濃川に2つ橋が掛けられてバイパスが出来ていています。(崩落箇所は現在県道のようです)
距離自体は旧道であるその道路経由のほうが少し短いので、私もバイパスを通らず、そちらを通った事があります。なんとなく懐かしい感じもして・・・ 長岡勤務時代に、あそこを通って自動車販売の蟹を買った思いでもあります。
しかし、橋を渡って現在国道になっているバイパスを通った方が、距離は若干長くても道が広いので結局早いようでした。
今となっては、なぜ、あの「越の大橋」の手前の交差点を、道なりに行かずに左に行ってしまったのかと思えてなりません。あたりはもう暗くなり6時近くなっていた当時、少しでも早く家に帰ろうと思って、旧道へ行ってしまったのでしょうね・・・
なんともやるせない感じがします。

地震に関係した職場関係の取り組みは、一昨日、新潟市の本店に顔を出してみたのですが、「地震対策本部」の看板が掛けられ、支援の取り組みを進める体制が出来たようでした。
長岡の事務所に新潟勤務の職員も臨時で派遣して、被災により業務を出来なくなった所の事務代行などを行っているようでした。今後、ボランティアの派遣なども行うのだと思います。
出向している現在の勤務地の職場では、朝早くから炊き出しを行い、おにぎりを大量に作り、連日現地へ届けています。

今朝の朝礼で職場の役員が、小泉首相の被災地訪問を評価しながらも、小千谷市の(だと思いますが)避難所の体育館を彼が訪問した際、長靴のまま中に入っていた事を、「いかがなものか」と批判していました。「新品の長靴かもしれないが、寝泊りをしている場所でもあるのだから、被災者の気持ちを考えれば、せめてスリッパに履き替えるべきではないか」と。私はその場面を見ていなかったのですが、本当に長靴のまま入ったとすれば、まさにその通りです。小泉氏の人間性を改めて考えさせられました。
今日の岡田民主党党首との党首討論を前に、二転三転の末、昨日田中真紀子氏とともに現地に入った岡田氏への対抗上、午後になって現地に首相は入ったとの事が新聞には書かれていました。(なんじゃそりゃ~ って感じです)

こんな調子で、被災者に対して血の通った施策を緊急にとってもらえるのか?
彼のいい加減な人柄を考えても、暗い気持ちにならざるを得ませんが、今この瞬間は、彼が日本国の責任者ですから、彼にやってもらわなくてはなりません。
厳しい目で見守っていかなくてはならないと思いました。

今晩は、寒くなってきました。
山にはもしかしたら雪が降るかもしれません。
3メートルの積雪のある冬まであとわずか。
対策は、一刻を争います。
こうした時こそ、政治が動かなくていつ動くのでしょうか。  (10/27記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.26

◆新潟の交通網の応急措置を!

中越地震によって、新潟県内の交通網はズタズタです。
特に、新潟県と首都圏を結ぶ交通、上越地方など県の西南部と新潟市を結ぶ高速交通などが大きく損なわれています。
私自身、昨日、群馬県境の湯沢から新潟市に帰ってくるのに、通常は2時間程度のところ、5時間以上かかりました。天災ですし、不自由も当面仕方ないものとも思います。また、関係者は昼夜をいとわない復旧努力をされていると思うので、その点はとても頭が下がります。しかし、公共交通、特にJRにぜひ検討をお願いしたいと思った事があったので、次の要望を送りました。

  ※注)同じ“上越”でも意味と地域が違います。
    上越線、上越新幹線・・・ 越後(新潟)と上州(群馬)という意味の“上越”
    上越地方・・・新潟県を北東から、下、中、上と分けた場合の“上越” 
            (上越線は、中越地方を走っています)


<以下、JRに要望として送付したメール>

中越地震とJRの対応についてお伺いします。
新潟交通は、郡山等への高速バスを運行して、新潟市と首都圏との間の交通を確保しようと努めているとか、通常は飛んでいない航空会社も新潟-羽田間を運行するなどの報道に接しています。
もしJRの復旧まで数週間とか数ヶ月かかるようならば、首都圏との連絡という意味では、バス会社の例ではありませんが、例えば磐越西線の新潟ー郡山間に臨時の特急列車を日に何本か運行して、東北新幹線に接続するとか(新潟ー米沢間でもよいですが)、応急対応は検討できないのでしょうか?
県内の交通確保という面では、新潟ー高田間の臨時の特急列車を検討するとかはできないのでしょうか?
また、上越線についても水上ー長岡間の全線運転見合わせにしないで、水上ー六日町とか地震の被害が仮に少ないのであれば、早期に部分再開できないのでしょうか?


<要望原文(字数制限のため上の文章に切り詰めました)>
  ※このメールをJRに送った私の気持ちが含まれているので掲載します

中越地震とJRの対応についてお伺いします。
新潟交通は、郡山等への高速バスを運行して、新潟市と首都圏との間の交通を確保しようと努めているとか、通常は飛んでいない航空会社も新潟-羽田間を運行するなどの報道に接しています。

そんな中、JRの対応が私が聞いていないだけかもしれませんが、ほとんど聞こえてきません。
今回の地震の震源地付近の長岡、小千谷などの中越地方は、新潟県の中で、新潟市を始めとする下越から県央の地域と、首都圏を結ぶ地点にあります。
昔に比べ、鉄道の交通全体に占める比重が低くなったとはいえ、やはり上越線や上越新幹線などは、新潟県と首都圏を結ぶ動脈だと思います。上越線は地域の大切な足でもあります。
上越線は、線路が中吊りになっている映像などを見れば、すぐに全面復旧は無理だと理解できます。しかし、脱線した新幹線の撤去や復旧のテンポは、JRでは最善を尽くしてくれているのでしょうが、歯がゆい思いがします。
もう少し、何とかならないものなのでしょうか?
橋脚の破損もあるようですし、少なくとも時間がかかる理由を、納得できるように広く広報してもらえないものでしょうか。

そして、復旧まで数週間とか数ヶ月かかるようならば、首都圏との連絡という意味では、バス会社の例ではありませんが、例えば磐越西線の新潟ー郡山間に臨時の特急列車を日に何本か運行して、東北新幹線に接続するとか(新潟ー米沢間でもよいですが)、応急対応は検討できないのでしょうか?

県内の交通確保という面では、新潟ー高田間の臨時の特急列車を検討するとかはできないのでしょうか?信越本線は復旧したようですし。余震で危険なら、越後線経由でも良いのではないでしょうか。

また、私の出身は南魚沼なのですが、上越線についても水上ー長岡間の全線運転見合わせにしないで、水上ー六日町とか地震の被害が仮に少ないのであれば、早期に部分再開できないのでしょうか?

現代は自動車中心になっているとは言っても、自動車を利用できない者にとって、鉄道は必要不可欠な交通手段だと思います。被災地を中心とする交通渋滞等を極力起こさないようにするためにも必要だと思うのですが。

<原文は以上>


JRから返事は別に無くてもいいので、何らかの対応をぜひ期待したいものです。
率直に言わせてもらえば、JRは運転見合わせ区間が多すぎるような気がします。
天災を機会に、在来線の廃止を狙っているなんて事は無いと信じていますが、私の拙い提案にはこだわりませんが、早急な対応をお願いしたいものだと考えています。

11月4日、JRより回答のメールが来ました。別途このプログに掲載します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.20

◆台風の夜に・・・ブッシュ敗北を期待

新潟も風が強まってきました。もう暴風圏に入ったころでしょうか。
大きな被害がない事を祈りたいと思います。
我がボロ家も吹き飛ばされなければいいのですが・・・・

2004.10.20.22.00.jpg

前々回の日本海を通った台風で新潟県内も果樹の落下や強い潮風による稲への被害などがあった。
7月の集中豪雨時のには、信濃川本流水系の中之口川の堤防もあふれる寸前だったらしい。7月には支流の決壊で大変な被害があったわけだが、本流水系が決壊すれば、被害は計り知れない。
新潟市自身も0メートル地帯や海面下の地域が多く、排水ポンプの能力以上の雨が仮に降れば洪水となる。
被害おきない事を重ねて祈るのみ!

今年は上陸した台風がこれで10個。これまでの最高が6個で、平年は2~3個という事だから異常事態だ。
しかし、これが来年以降「2004年は異常だった」で終わるのだろうか?
今年の台風、北アメリカのハリケーンの猛威、これを地球温暖化の問題と関連付ける考え方がある。
これは当たっているのではないかと私は考えざるを得ない。もしそうだとすると、今後、一直線ではないだろうが、今年のような状態が、「平年」という事になったり、もっとひどい事態になりはしないか・・・・
専門家に言わせると、このまま地球温暖化が進むと、風速70メートル級の超巨大台風が襲来するようになるのだそうだ。
実際、カリブ海では風速80メートルのハリケーンというのもあったそうだ。その時は、100年に一度の規模と言われたらしいが、それが地球温暖化とともに当たり前のことになってしまうのだろうか・・・
想像を絶する大変な事だと思う。日本列島になど住んでいられなくなってしまうのではないかとさえ思う。
映画「デイ・アフター・トゥモロー」も絵空事とは言えないのかも知れない。(温暖化が引き金になって急激な寒冷化が来るというシナリオは、どうかなと思うが・・・)

いずれにせよ、地球温暖化は、日本が常夏の国になるなんていうノンキな話でないことだけは確かなようだ。マラリアなど熱帯の病気も北上するようであるし。
早急に、地球温暖化防止のために全人類が協力し合い、英知を出し合わなくてはならないと思う。

話は変わるが、そういう意味から考えても、地球温暖化防止の京都議定書に背を向けている、世界最大の二酸化炭素排出国であるアメリカのブッシュ政権の罪は重いと思う。全人類に対する犯罪ではないだろうか。
ブッシュ政権は、アメリカの軍産複合体、巨大多国籍企業、大金持ちの利益を直接的に代弁しているのだと思う。
そして、ブッシュの背後にいる連中にとって、未来など眼中に無いのかもしれない。
今さえもうかればそれでいいのだろう。
「我が亡き後に、洪水は来たれ」
「後は野となれ、山となれ」 という事なのだろうか・・・・
大金持ちではない我々一般ピープルにとってはいかに不幸な事だろうか。

そのアメリカの大統領選挙も残すところ後、二週間。ケリー候補とブッシュが大激戦との事。
他国の選挙ではあるが、超巨大国家USAのリーダーの選挙は、全人類の未来にも関わる事だと思う。
私は、アメリカ国民の良識を期待したい。
ブッシュが敗北する事を心から望むものである。
アメリカ民主党とケリー候補が決して良いわけではないかもしれない。しかし、次善の選択ではあると確信する。

そのブッシュを支持する我が日本の小泉首相。
イラク戦争開始の根拠が、当のアメリカの正式な調査によっても否定された今となっても、屁理屈にもならない詭弁を用いて開き直っている。
彼への支持率がいまだ40%台後半という事だが、我が国はこんな事でいいのだろうか?
少なくとも50%以上の人々が、「彼を支持はしていない」という事は(全員が不支持ではないにせよ)、一つの希望だ。他国の国民の良識を言う前に、まず自分の国を!ということでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.10.02

◆新潟市が政令指定都市?(@_@;)

新潟市は来年3月、純農村地帯を含む近隣の12市町村を吸収合併して人口約80万の“都市”となる予定で(さらに原発問題で有名になった巻町も加わる方向)、さらに今から3年後には政令指定都市への移行を目指しています。
現在の新潟市(人口約50万人)の区域すら全てが市街地になっているわけではなく、周辺部には田園と農村を抱えています。今回合併をする12市町村は、まさに新潟市の周りに広がる純農村地帯。そこには広大な田園が広がっています。
niigata_gappei.jpg(市街地は現在の新潟市のそのまた一部)

地方自治の基礎単位であり住民自治をになってきた市町村が一気に12~13も無くなってしまうのがいいことなのか疑問ですし、合併により80万人の人口になるとはいえ、とても“都市”と言えるのか???疑問です。また、広大な新市域に人口が分散し、地域性や住民意識、産業構造なども相当に異なる“新しい市”が、効率的に運営されるのか、住民本位のきめこまやかな行政ができるのかも大いに疑問です。

※仙台市や広島市など、周囲の農村部の市町村を合併して最近政令指定都市になった街にお住まいの皆さんの状況をぜひ聞いてみたいと思います。よろしく~(^o^)/

率直に言って、今回の新潟市の合併は、初めに政令指定都市ありきの合併で、人口が70万人台でもそれが認めてもらえる合併特例の期間内に、何でもいいからとにかく合併という感じで進んできたように思います。現状では飛び地まで容認している始末です。
このように率直に言えば、私は今回の新潟市の合併自体にあまり賛成ではありません。しかし、もはや合併期日も正式に決まり、それは動かしようがない状況にあります。そして、合併の後に予定している政令指定都市の“区割り”の検討が始まっている段階なのです。

そんな状況にある新潟市と周辺12市町村では、現在、“区割り”のパターンが3案出され、住民の意見集約作業が行われています。
もう「反対だ疑問だ」とばかり言っていてもどうしようもないので、私も“区割り”について身近な問題に絞って意見を提出しました。


(参考)新潟市の区割りパターン案

↓<以下は、市に提出した意見です>

■区割りや区の数についてのご意見をご自由にお書きください。

① 同じ東地区事務所所管区域である木戸地区と沼垂地区の分割を行わないことを前提に区割りをしてほしいと思います。
② 東新潟地区の市街地の連続性を生かして、今後の街づくりにもそれが生かせるような区割りにしてほしいと思います。
③上記を前提に考えると、新潟市の中心市街地の区分けは(2区と3区の構成)、B案が三案の中ではよいのではないかと考えます。

理由としては、新潟市の中心市街地が、信濃川を挟んで西新潟と東新潟ということで、それぞれ西へ東へと発展してきたという印象が強く、今後もそうした形で、西新潟は砂丘沿いに西へ、東新潟は阿賀野川に向かって東へと市街地の実質を発展させていくことが、更なる新潟市の中心市街地の発展にとって、相互の刺激にもなり良いのではないかと考えるためです。また、信濃川に何本も大きな橋が架かっているとは言っても、地理的な結びつきの強さはや市民の感情・意識面でも、B案の区分けがベターではないかという印象が強い感じが私はします。新潟市の象徴でもある信濃川を挟んでの、西新潟、東新潟という二つの核、これを生かした街の発展を、新しい政令指定都市の中でも進めていってほしいと思います。

A案、C案の中心部の区分けでは、3区のみが中心部で、その他の区は周辺部という印象が強すぎるように思います。一極集中的な印象が強すぎます。くどいようですが、二つの核を作った方が今後の発展のためには良いと考えます。また、A案、C案の場合の3区(木戸、大形、山ノ下)は、なんとなく求心力のない中途半端な区(中心部でもなく周辺部でもなく・・・)のような気がして仕方ありません。(ただし、政令指定都市の中で、新しい行政区が街づくりの基本になるならば、A案、C案の2区のような10万人程度の規模がちょうどよいような気も一方ではしますので、A案、C案の区割り案を全面否定するわけではありませんが。)

■その他についてのご意見をご自由にお書きください。(政令指定都市のまちづくりなど)

東新潟駅に北口を設けて、現在、農地なっている部分を関係農家の皆さんの了解も得ながら開発し、新潟市北西部の副中心地的な街として発展させていけないものでしょうか。
地下通路等、北口を設けるだけで開発をしなくても、木戸地区、大形地区の通勤等に列車を利用する可能性が増して、朝夕の混雑緩和に多少生かせると思います。
なお、開発については、市街地として開発するだけでなく、「政令市市街地の中にある広大な緑の空間」として整備することも良いのではないかと思います。

また、福岡市では新幹線の車両基地を駅として活用して、そこから博多駅までの回送用新幹線を通勤列車として活用しているという話を聞いたことがあります。同じように東新潟駅北側に隣接している新幹線の車両基地・操車場を活用して福岡市と同様のことができるならば、木戸、大形、石山地区の街づくりにも生かしていけるのではないかと思います。

さらに、東新潟駅から山ノ下方面と沼垂方面へ伸びる二本の貨物線を、通勤や日常生活等、市民の足として活用することは困難なのでしょうか(特に東新潟港駅)。活用により朝夕のラッシュの緩和等に生かせないものでしょうか。市街地の、従来とは違った新しい発展にもつながるのではないかと思います。(設備をJRから借りて運営は市が行うことを含めて)
環境やエネルギーの面からも、バスを含めた自動車中心から、列車等の公共交通の活用・強化が、特に市街地では求められると思います。新規に作るのはなかなか困難な中、既存の設備を最大限生かせないものかと思います。

↑<提出意見は以上>

まあ、貨物線の活用はまず難しいでしょうし、出してから農地の開発に触れたのは間違っていたかなぁ~と感じています。公園にするより、農地として残っていた方がいいかもしれませんね。

>>ORUTOmantaroのホームページへ⇒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »